予選落ちからグランドチャンピオン大会に(40代男性)

なぜ、受講する気になったのですか?

トコカラグランプリという、ケーブルテレビのカラオケ大会(グランプリ獲得者は、CDデビューで、毎週ケーブルテレビで放送)に出場したが、審査員からも客席からも1票も入らず、週間大会で敗退し、自信を失い、「もう歌はやめる!」と家族に話したところ、まだしっかり歌を習ったことがないんだから、一度しっかり習ってみて再チャレンジしてみたら?と妻と、娘に言われてレッスンを受けてみようと思った。

受講する過程で、どんな変化がありましたか?

今までの歌い方は、体にものすごく力が入ってしまい、重々しい感じで喉で声を出している感じで、聴いている側が心地よく聞けるような感じではなかったのですが、レッスンを受けていくうちに、喉を開いて、息で歌えるようになってきて、妻や娘、両親にきいてもらったら、「聴きやすくなった。前と全然違う!」と言われだんだん自信がついてきた。レッスン内容は先生にお任せで一生懸命ついていきました。
会社の人からも、すごく上手くなったといわれました。もう、一般の人とはレベルが違うと。「これは、いいところまでいけるかも」と思いました。
1年レッスンを受けて、再チャレンジしました。
結果は、週間チャンピオンを取り、月間チャンピオンを取り、年度のグランドチャンピオン大会にまで進むことができました。
見事リベンジを果たせ、レッスンを頑張ってきて良かったなあと思いました。
グランドチャンピオンにはなれませんでしたが、家族からの評価は悪くありませんでした。もっともっと上手くなりたいと思いました。

現在、何に向かってチャレンジしようとしていますか?

当初の目標は達成したと思うのですが、もっと上手くなりたいし、目標があった方がいいと思い、「東日本カラオケバトル静岡大会」にエントリーをしました。今、それに向けて練習中です。